月別アーカイブ: 2017年5月

経済事情を楽にする為趣味用具も処分せざるを得ず

40代に入るとそろそろ子供も高校から大学を目指す様になり、高額な学費出費の事が頭の中にチラつく様になってきました。もちろん子供には本人の希望重視で最良の進路を選択してもらいのが親の思いです。少しでも夢があるのであればそれに対する応援は惜しまないつもりではいるものの、私の稼ぎではどうしても余裕の無いので家計の事を考えると悩みは尽きません。

そんなことで妻ともよく喧嘩をしてしまいます。
もちろんその影響は私自身のプライベートにも大きな影を落とす様になってきました。

若い頃からフィッシングやアウトドア好きで、休日になると比較的自由に遠方のフィールドへ出掛けストレスを発散していたものですが、今後の子供の学費など将来的な経済的余裕を考える様になると、最近はそれらに対しても積極的になれず、全て近場で軽く済ませる様になってきました。

もちろんそれで存分に日頃のストレスを解消出来るというところまではいかず、最近は欲求不満の方を強く感じているのです。

どうにかして稼ぎを増やしたいと考えているのですが今更転職をしてもいいところは見つかるわけもなく、ましてやバイトをするというわけにもいかず…今はまた出来る限り無駄を省く為、使用頻度が低いそれらの用具も購入金額の大小に依らず中古買取で手放さなくてはなりませんでした。
断捨離の意味も兼ねて、むしろその方がスッキリ出来ると考えた事もあったのですが、それらの中には将来本格的に使う構想があった用具もあり、残念無念の気持ちが後からジワジワ湧いてきているのです。

けれど、子供の将来を考えると親としてはここは我慢をして子供の好きなように人生を歩ませてやりたいと思うのです。私の趣味は子供が社会人になって独り立ちをするようになりお金がかからなくなった時に好きなように楽しむということを考えています。

でも、今はそんなことは妻にも言えずひたすら耐えているとことです。

あーこんなはずじゃなかったのに…

痛む場所が心臓に近いので物凄く心配になる。

坐骨神経痛は、人にもよりますが基本的に痛む場所は、心臓の辺りです。胸痛だと心筋梗塞などの恐れがあるので
非常に気になります。しかし、そこまで強烈な痛みではなくどちらかと言うと鈍痛の嫌な痛みです。
坐骨神経痛と分かれば物凄く安心ができますが、それでも医療機関を受診した方が良いですね。
念には念を入れておいて悪い事はありません。心電図や触診などで直ぐにお医者さんが見れば坐骨神経痛なのか心疾患なのかは見極めてくれます。

先ずは嫌な痛みだなと少しでも感じたら医療機関を受診する事です。この時点では坐骨神経痛かどうかは分かりません。

お医者さんに触診と問診で最終的な診断をしてもらって初めて安心するという物です。

本当に痛む場所が紛らわしいのです。そして鈍痛。基本的に心筋梗塞などになった事がない方が殆どですから

その痛みがどこからきているのかが分かりません。ここが坐骨神経痛の非常に厄介なところだと思います。

胸が痛むと嫌な感じがしますよね。

別に脈も早くなく、特に他の症状もないので、気にならない方は寝てしまえば忘れてしまう人もいるとは思います。

しかし、人間のメンタル面はかなり脆いもので、チキンハートではないですがかなり不安を覚えます。
本当に坐骨神経痛は、数ある病気の中では軽度な病気に入りますが、大きな病気と痛む場所がほぼ同じなので

非常に心配になってしまいます。必要以上に神経を使ってしまいますね。ここが少し厄介なところです。

お医者さんが確定診断するまでは、どんな病名を言われるのか?本当にドキドキします。
坐骨神経痛と言われると本当に今まで肩に乗っていた重たい荷物が一気に無くなるような感覚を覚えます。

坐骨神経痛で良かったと普通の人は思います。私も実際に安心しました。

処方薬を飲んだら直ぐに痛みが治まりました。本当に人間は単純です。

医療機関によりますが、触診と問診で坐骨神経痛の可能性が極めて高い場合でも念の為に心電図を
行う医療機関もあります。

坐骨神経痛の名医を横浜市で探しました。参考にサイトはこちらです。